FC2ブログ

パズル暮らし

会社を辞めてパズル作家になった「いっつぁん」のお話

カマキリが来た!

早朝ゴミ捨てに行こうと玄関を開けました。
するとドアの下に緑色のかたまりが・・・

20090101.jpg
カマキリ!
いやいやここは町中のマンションの最上階
近くにカマキリが育つような草地もありません。

20090102.jpg
仕方がないので捕まえてちょっと遠いけれど河川敷の草むらに逃がしました。

実は十数年前にも家でカマキリを見つけた時があります。
この時は家の中、しかもリビングのドアの上方(!?)にいました。
くどいようですがここはマンションの最上階
いつの間にどうやって現れたのでしょう?

また十数年経ったらカマキリが現れるのでしょうか?
少し楽しみです。
 

PageTop

ながーい1日

定期健診で内視鏡の検査をしてきました。

検査前の数日間は食事は軽めにして、肉、魚、野菜、油ものは食べない。
トウフ、うどん、食パン(バター、ジャムなし)で過ごす。
検査前日は早く眠ろうとしたが、締め切りの近い仕事が気になりなかなか寝付けない。
時間がもったいないので結局起きて作業。午前3時(すでに検査当日)に就寝。

検査当日5時半に起床
寝ぼけながら2時間余りかけて薬と合わせて2Lの液体をゆっくりと飲む。
この薬の味は苦手だが、それでも数年前の薬と比べればかなり飲みやすくはなった。
この間にも状況をシートに書き込み、提出書類に不備がないように何度もチェック。

10時半頃に家を出発
歩いているとマスクが口にへばりつき息苦しい・・
バス40分、徒歩30分と合計1時間あまりで病院に到着

書類に不備はなく受付は無事終了
検査着に着替えて待機。
待っている間はすることがなく窓の外の景色をぼーっと眺める。
それでも今回は割と早めに順番が回ってきたので助かった。

看護師さんの指示に従って検査ベッド上に横たわる
点滴から鎮静剤が入ってくるとすぐに意識がなくなる。
‥‥‥‥

気が付くと検査終了
鎮静剤がまだ効いていてまだ朦朧としていて記憶がほとんどない。
休憩室でさらに1時間ほど睡眠。
‥‥‥‥

看護師さんに起こされる。
なかなか目が覚めず15分ほど延長して待ってもらったと聞かされる。スミマセン
眠気はまだとれないが「大丈夫ですか?」と聞かれるとついつい「大丈夫です」と応えてしまう。

何とか会計をすませて病院を出る
外は小雨が降っていた。傘は無いので濡れながらフラフラと歩きバス停にたどり着く。
バスに乗ったとたん、またすぐに眠ってしまった。
降りる停留所が終点なので乗り過ごす心配はない。

最後の徒歩は「鎮静剤の眠気」「マスクの息苦しさ」「雨でぬかるんだ道」の3つの敵との闘い。
勝利!家に無事到着

・・さて検査結果
気をつけなければいけない点はあるものの、特に大きな問題は見つからずに済みました。
病院に行くと謙虚になれます。あたりまえに生きていけるありがたさをしみじみと感じます。

さあ今日も頑張ってまいりましょう。
 

PageTop

マスク

早くコロナウイルスは収まって欲しいですね。

自粛で一番しんどいのはたまの外出時のマスクです。
息苦しい、メガネが曇る、耳が痛い、すぐにズレる・・
慣れていない僕にはいろいろと鬱陶しい。

自粛が続いていると町の雰囲気もギスギスしてきます。
マスクは僕にとっては感染防止よりも、すれ違う人への気配りという意味で大事です。
我慢我慢
 

PageTop

書くほどの事でもないのですが

外出の自粛で牛丼屋にも行ってませんでしたが、
しばらくぶりに持ち帰りで牛丼を食べました。
うまい!
 

PageTop

窮屈な中にも便利発見

ゴールデンウィークとは名ばかり、コロナウイルスで窮屈な状況ですね。
もう一か月以上、自粛(?)して外出を控えるようにしています。
僕みたいに出不精な人間でもずっと家にいるのはきっついです。

一時間程度の外出は数日に一回、主に食料品の買い出しのみ。
そんな時便利なのがマップ検索(僕はグーグルマップ)
施設の情報を見ると混雑する時間を棒グラフで表示してくれるのです。
場所によっては今現在の混み具合までわかります。
おかげ様で比較的すいている時間を狙ってでかけることができます。

既に知っている方には今更の話でしょうが、僕にはカルチャーショック。
こんな時期ですが、ちょっとした便利を発見すると嬉しいです。
 

PageTop